ホーム » ブラックでも借りれる?! » ヤバイ街金の見分け方ってあるの?

ヤバイ街金の見分け方ってあるの?


安全な街金の見極めは難しい

お金を借りる場合に心配になるのが、借りる金融会社がやばい業者か安全なのかということです。特にブラックな方が借りられるのは知名度が低い業者になるのでなおさらです。
 

昔から街金にはどうしてもぬぐい切れないやばいメージが付きまとっていますが、それを見極めるのは非常に困難だと言えます。
 

ヤバイ街金融を見分ける方法は2つあり、一つは年収の3分の1という決まりを守っていること、もう一つは金利のパーセントの値です。
 
 

2つのチェックポイント

一つ目の年収の3分の1は、消費者金融に適用される総量規制という法律で定められている貸し付けの決まりで、これを守っている業者は貸金業法に則って営業を行っているため、県や国に申請をして登録されている正規の業者だと言えます。
 

もう一つの金利パーセントの値に関しても、貸金業法で超えてはいけない20%という値があるため、それを守っている街金業者は安全だと言えます。
 

正規業者が安心

逆に年収の3分の1以上の貸し付けOKの業者や、収入の無い人でも貸付可能な街金は非常にヤバイと言えます。
 

金利に関しても20%を超える様な金利を請求してくる業者は、登録されていない業者の可能性が極めた高いため、利用するのは避けたほうが良いと言えます。というか絶対に避けるべきです。
 

以上の2点をクリアしている業者は、正規の金融業者だと言えますので比較的安全に利用が出来るでしょう。
 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー